MacのGoogle ChromeがCommand+Q一発で終了できない場合の対処法


2018年11月5日

MacのGoogle ChromeがCommand+Q一発で終了できない場合の対処法

Google Chromeのバージョン70から、Command+Qで終了しようとすると、上記のようなダイアログ?が表示され、終了できなくなってしまいました。

突然のことで驚いたのですが、実はもともとあった機能だったようで、アップデートの際に強制ONになったしまったようです。

メニューの「Chrome」を開き、「終了する前に警告メッセージを表示する」のチェックを外せば、これまで通りCommand+Q一発で終了できるようになります。

なお、キー操作のミスを防ぎたくてチェックはそのままにしたいという方は、Command+Qを押しっぱなしにすると終了できます。