寒さ対策


2018年11月12日

寒さ対策

今年は紅葉があったのかなかったのか、街の木々の葉は落ち始め、寒さも日に日に増してきています。
弊社事務所は鉄筋コンクリート構造だからか、陽が入らないからか、とにかく寒い。
去年はエアコン、電気ストーブを駆使して暖をとっていたが、どうにもならなく途中から石油ストーブを入れました。

本当に寒く、末端冷え性の自分にはどうにも耐えられない。
かといって、暖房器具を増やすと暖かくはなるが、他で気がきではなくなってしまう事象も。。。

ということで、今年は寒さ対策を講じてみました。
1.窓にカーテンをつける
2.床に防寒シートとカーペットを敷く

カーテンをつける

昔ながらの薄い1枚サッシでは、外部からの冷気がよく入ります。
カーテンを付けることでその冷気を遮断する。
まだ、外気温より室内のほうが寒いので、効果の程はよくわからないが、きっとこれから発揮してくれるはず。

防寒シートとカーペットを敷く

一応タイルカーペットは敷いているのですが、コンクリートの上に、カーペット一枚では寒さ対策にはならないですね。下からの冷気がすごいです。そこで今回導入してみたのが、防寒シート。

これの上にさらにカーペットを敷く。

なんの違和感も無い「ラグ」のような感じになりました。

このアルミシートなかなかのスグレモノ?で、これだけで暖かい。熱を発するわけはないのですが、ほのかに温かい。もしかしたらかなりの成果を発揮してくれるのでは?と期待。

防寒シートが見えないようにカーペットを敷き、その上に机など配置すると出来上がり。

これで快適に仕事が出来るはず。

 

・・・ちなみに、足元はだいぶ暖かくなりました。今年はこれで乗り切りたいと思います。

 

快適な職場環境作り。寒さ対策にはこんなのがいいよ!というのがありましたらぜひご一報ください!